リンク集>>

   
   

チョモランマ・・・(2009/12/29〜)

チョモランマ完結

さて、いよいよネパールに滞在できるのは今日と明日しかありません。
残された日にちは2日のみ。ここまできたからにはエベレストを見ずして帰ることはできません。
例によって、朝一番の飛行機に乗るべく6時に飛行場に着きました。
3日も同じ行動パターンをとると要領がよくなってその日の天候で飛ぶか飛ばないかの判断ができるようになりました。

今日こそ飛べるであろうという予感のもとに、キャンセルに告ぐキャンセルのフライトの後いよいよ10時過ぎに飛ぶという結果が出ました。
席は自由席。いつもなら窓側には座らない私ですが、このときばかりは勇んで窓際の一番よく見えそうな後方の席を取りました。
これが失敗だと気付いたときには後の祭りでした。
そう、理由は左右1席ずつしかない、すべての席が窓側というスレンダーな飛行機だったのです。
行くときは左側、帰るときは右側とすべての席がエベレストを見られる設計になっているのです。
しかも前の席から順番にコックピットに入れてもらえ、操縦席の前方ウィンドウよりエベレストを正面に見ることができるのです。
前列席からの人々はやはりコックピットにいる時間を少しでも長くしようという心理で、最後尾に座った私にはなかなか順番が回ってこないのです。

結局コックピットからエベレストとチョモランマを眺められたのはUターンをし始めた後だったので前から眺めるいうよりも自分の席に座って横から眺めているのと変わらない・・・
皆さんも遊覧飛行に行かれる場合は前の席を取ることをお勧めします。

ちなみに雑学として、世界には14座の8000m超の山があり、うちネパールに8座あります。
また4000m超の山で見てみてもネパールの割合は飛び抜けています。
ただ富士山のような山をひとつとして想像するのではなく、白馬連山のように裾野がひとつでありながら頂上付近で尾根が連なっているものもそれぞれひとつと数えているそうですが。

3回にわたり読んでいただいた方、ありがとうございます。また新しいお話でお会いできるとことを楽しみにしています。

(則岡 宏牟)